« OC日記外伝6 看板に偽りありまくりです | トップページ | PSU カオスはお好き? ラヴィスブレイド発掘 »

OC日記 基本的なステータスを確認しました

今回、i7-860をOCするにあたって、戸惑った事が一つ。

OCするソフトが、今、非常に多いという事です。

基本として、BIOSをいじる話は置いておいて、平常時からオートでクロックの上がるターボブースト。マザボメーカーから出ている各種OCソフトも多岐にわたり…。
ASUSなんて、AISUITEの他に、ターボVとか、各種ユーティリティが出ていて、どれがいいのかさっぱりです。
現状、BIOSからいじくる人が大半なので、ソフトの優劣もいまひとつ不明なまま。

とりあえず、誰でもわかるターボブーストの結果から書いて行きます。

ターボブーストは、マザボ、電源の余裕をみて、スレッド数に応じてOCしていってくれる自動機能。とりあえず、下記の環境で試して見ました。

CPU:860定格(2.8G)
メモリ:UMAXDDR3 2Gx2
マザボ:P7P55D EVO
電源:玄人志向産 600W PLUS80モデル

これで稼動させて、Intel配布のCPUチェックツールで見て見ました。

結果…2.94GにOC…されてました。
5%…くらいですね(笑)
最低目標な20~30%には程遠い結果。まあ、自動で=壊れたらメーカーの責任、ですから、このへんは仕方ないですね…。無理なく(という言葉の時点で矛盾してますけど)OCするにあたっては、5%が限度のようです。

ちなみに、ターボブーストの機能においては、マルチスレッドフル活用(4コア処理にあてている)と、効果を発揮しません。シングル稼働中での倍率UPが、最高になります。たとえば、ワードだけ開いていたり、ネットしてたり…という場面で一番効果が発揮されるはずなのですが…。

でも、一番スペックの向上を求めるのって、エンコードとか、オンラインゲームだと思うのですよ…。そんな訳で、ああ、面白い機能がついたんですね、でターボブーストの検証は終わりました…(笑)

次回から、各種ソフトのお話をまじえていきます。

|

« OC日記外伝6 看板に偽りありまくりです | トップページ | PSU カオスはお好き? ラヴィスブレイド発掘 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OC日記 基本的なステータスを確認しました:

« OC日記外伝6 看板に偽りありまくりです | トップページ | PSU カオスはお好き? ラヴィスブレイド発掘 »