« 写真追加中 | トップページ | 名称を変更~ »

オーバークロック日記

意外と、この関連でアクセスしてくれている人が多い…というか、一日10人も来てくれているということであれば、もう少しマシな内容にせねば、ということで…。

自分が、以前調べて見て、見つからなく…困った事を中心に書いておこうかなと。

まず、オーバークロック(以下OC)といっても、俺がやっているのは、マザボメーカーから用意されているクロックアップソフトを使ったやり方です。

フリーソフトでも、色々あるようですが…正直、専門用語で英語とかなってしまうと。読む気すら起きません。そんな人が、BIOSいじってOCを…なんて、できるはずもなく。

*最も良いのは、BIOSでCPUクロックだけでなく、電圧や、その他メモリやグラボのクロックも設定する事であることに、変わりはありません。自己責任で行うことであり、本来、素人の知識で行うことではありません。

ASUSであれ、GIGABYTEのであれ、マザボのHPにいくと、ユーティリティソフトがDLできます。ここは、自分にあったバージョンのソフトを、ちゃんと落としつつ。実行してください。

ちなみに、自分のはP5QPROなので、AIsuiteというクロックアップソフトを使いました。OSによって、稼動するバージョン違うので注意を。俺は間違ってビスタ64ビットのを落としてしまい、不安定な事この上ないです。

で、このソフトをたちあげたら、ヘルプに従い(ソフトの説明くらいは、読むのをおすすめします。最初、めんどくさいですけど、やってる内におもしろくなりますので)クロックアップの変更に入ります。

基本的に、クロックアップの変更に連動して電圧も変わる仕組みになっていますので…。ただ、この際に、誤ってグラボのクロックアップまではしないように。x1.00のままです。

もちろん、全てをクロックアップすれば性能はあがりますが、グラボ、メモリともに上げてしまうと、まず間違いなく飛んでしまいます。電圧もおかしいし、よほど高性能でないかぎり、エラーにつながると思いますので。

で、問題の倍率ですが、一般的なサイトでは、20%ほどUPする程度にいじる人が多い印象でした。

…まあ、中には4G突破の猛者もいたのですが、相性や知識も必要とされるレベルですし、実際3.6G程度でウィンドウズのCPU評価も5.8まで向上します。無理はしないのが一番です。

ソフトを使うメリットで、少しずつあげていく必要がない、ということがあります。とはいえ、一気に上げたら勿論ダメです。

CPUファンエラーになったり(復旧方法は次回のせます)、見るのも嫌なBIOS画面に連行されたり、最悪壊れます。ソフト使っていても。過信してはダメです。あくまで、定格外で使う方法ですので、そこは、我慢しましょう。

設定する数字さえ間違えなければ、入力して、再起動するだけで。クロックアップ完了のはずです。

|

« 写真追加中 | トップページ | 名称を変更~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーバークロック日記:

« 写真追加中 | トップページ | 名称を変更~ »